So-net無料ブログ作成

トヨタとマイクロソフトがタッグ 世界ラリー選手権(WRC)はヴィッツで臨む! 日本開催復活を! [WRC]


=============

日本メーカーが進むべきは
F1ではなく、WRCだ。。。


スバルも例えば、スズキと組む
三菱は日産と

ホンダも早くF1撤退し単独
で・・・

世界ラリー選手権を日本車で
埋め尽くし、日本大会開催を
北海道で!

=============


トヨタは、パリモーターショーにて、


マイクロソフトと2017年FIA世界ラリー
選手権(WRC)におけるTOYOTA
GAZOO Racingの「テクノロジー・
パートナー」として参画することを発表。


いよいよトヨタはWRCに来年帰ってくる。


トミ・マキネン氏をチーム代表に迎えて
かなりな本気度がうかがえる。


マイクロソフトとの連携は必然化と思わ
れており、なによりITと車という点にお
いては各社マイクロソフトとの提携が発
表されている。


その点、アップルは、どうも電気自動車
&F1に興味があるみたい(^^)



マイクロソフトとの協定領域は・・・



①走行中のデータ分析プラットフォームの開発
走行に関わる各種情報を集約・可視化し、分析することで、レース活動にデータを活用する。

②チーム活動の情報共有システムの活用
クラウドを利用して、画像や動画などの各種素材をより円滑に共有できるようにすることで、効率的・効果的な情報発信活動を支援する。

③ファンとのコミュニケーション強化
クラウドを活用したファン向けサービスの提供や、イベントにおけるマイクロソフトの展示デバイス使用などを通じ、レース活動を魅力的かつ、スピーディーにファンの皆様にお届けする。




もともと 2004年から2007年まで北海道
の十勝開催で行われていたWRC。


毎日新聞社がスポンサーから撤退しその
後、札幌圏開催を2回経て日本では開か
れなくなってしまった。


このころは、三菱・スバルがブイブイな勢い
だった。


現在日本車メーカーはWRCに参戦してい
ない。


でも正直言って、F1より経費が安く(マシン
の開発費が市販車ベースのために多額に
ならない点)て済む。


ホンダは、F1復帰で完全に道を誤った。


トヨタの本格復帰で、世界戦略を見越した
プロモーションを考えたとき、日産も黙って
はいないのではと・・・


三菱は、日産と組んで(実際はそれどころ
ではない状況だけど)、さらに


スバルも他メーカーと組んではどうか?


トヨタが参戦する車種は ヴィッツ


日産なら、 ノート


スバルは 当然インプレッサ


スズキは SX4


いけますよ日本車。。。。


皆で協力して、大会を盛り上げてほしい。。。











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。