So-net無料ブログ作成

ゲリラ豪雨 災害の時だげ早く復旧して欲しいっても土木会社の人と設備がないと無理!災害大国が復旧に向けてすべきことは公共事業での整備! [災害]

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

災害の時だけ早く治してって言っても・・・
土木工事関係者の尽力がないと大災害
からの復興はありえない・・・
日本は公共工事が必要な国。
高速道路と大型港湾を今こそ継続すべき!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


民主党政権時、無駄な公共工事は「悪」だ・・・

と言っていた時代。

その昔は、自民党政権時、無駄なものも確かに

多かった。。。 役所同士で競い合って予算を

いかに使うかに没頭していた時代。


そして、いま、経済成長に陰りが見え、さらに

若者が少ない人口減少時代に入ってやらなくて

はいけないこと・・・

異常気象での災害の多さ・・・

島国日本が抱える大きな問題はたくさんありますが

昔も今も、天災だけはなかなか防げません。

地震、津波などの大震災とともにここ数年最も警戒

しなくてはならないのが、大雨 いわいるゲリラ豪雨。


先日の東北・北海道での被害は、大変大きなものと

なっております。


特に北海道のライフラインは深刻です。

道路がことごとく崩落や土石流によって寸断され、橋

は流されて・・・・

断水も余儀なくされており、多くの方がお風呂はもと

より洗濯も出来ない不自由な生活を強いられていま

す。床上浸水にあった住宅も数多く、その後の天気

の悪さから、家がまったく乾かないという事態に・・・


日勝峠という、北海道の中央 日高山脈を連なる

北海道で一番標高の高い(1000m)峠が今回の震災

で大きな被害を受けております。

隣接する狩勝峠もいまだ通行止めのため、事実上

高速道路のみが、北海道の西と東を結ぶ重要路線

となっております。

しかし、ひとたび大雨が降ると唯一の道路も通行止

めになるなど、いまだJRも復旧していない状況では

孤立してしまう次第。。。


土木関係の皆さまの懸命なご尽力によって河川氾濫

の復旧、道路や橋の復旧に向けて日々改善に向かっ

ております。


本当に、頭が下がる思いです。

感謝しきれない・・・・


昨年の茨城の川の氾濫、広島の土砂災害など全国

で毎年のように雨の被害が報告されます。

そのたびに、復旧に向けた土木関係者の皆さまの

ご努力によって日常の生活が取り戻されます。


私たちが日々気づかないこと、天災は予期せぬとこ

ろにやってくる。。。 これは防げません。

しかし、復旧は人の力でできるのです。

そのためにも、災害時だけ土木関係の方に働いて

くれというのは、身勝手な話です。


評論家の森田実さんも言っておりましたが、日本は

公共工事をし続けなければならない国、ある程度の

内需で経済を回さなければいけないと語っておられ

ました。


この災害を目の当たりにするたびに、痛切に感じます。

無駄な道路や港を作ってくれと言っているのではなく、

こういう災害時に活躍してもらわなくてはならない土木

のお仕事を継続的に国の事業でやり続けていかなくて

は、復旧に支障が出ます。


北海道、九州の高速道路の延長、関西から北陸への

新幹線延長、日本海側の大型港湾事業はこれからも

継続していただき、一定数の土木事業者が安定した

運営が行えるようにしてほしいなと・・・・










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。