So-net無料ブログ作成
検索選択
グラビア ブログトップ

アメリカプレイボーイ誌「ヌード」取りやめ グラビアに専念! 時代の流れかと [グラビア]

☆☆*…*…*…*…*…*…*☆☆
古き良きアメリカの象徴
米プレイボーイ誌 
来年3月からヌードグラビア
取りやめへ 
☆☆*…*…*…*…*…*…*☆☆




アメリカの最強を誇る男性雑誌「プレイボーイ」が女性のヌードグラビアを取りやめるらしい。来年3月に誌面刷新に伴っての措置で、1953年の創刊号からの看板企画が時代の流れとともに消えてしまうことになりそう。




スコット・フランダース最高経営責任者の話として「いまはワンクリックで、想像しうる限りの性的行為が無料で見られる」とインターネットの影響を認めた形。




エッチなフルヌードはなくなるけど、いわゆるグラビアは紙面に継続していくとのこと。古き良きアメリカの時代「懐中電灯の闇の中でスリルを味わった」プレーボーイ誌も小中学生でもネットに接続して閲覧できる時代に・・・




日本でも、妙な郊外に、あの雑誌専用の自販機が販売されていましたね。今やコンビニで販売もしていますけど(汗)




「プレイボーイ」の創刊号のグラビアを飾ったのは、伝説の「マリリン・モンロー」。その後、紙面を飾って爆発的にヒットした女性モデルは通称「プレイメイト」と呼ばれるようになり、歌手「マドンナ」もその一人に。




日本の若者も草食指向に。付き合うのがめんどくさいとか、裸も最初から表紙等で見てしまうと逆に興味がなくなるのかと。。。




これからは、だんだん服を着ていく方向に回帰していくのかなって(^^) 時代は変わっても、いつまでも素敵な女性が表紙を飾ってほしいものです。



グラビア ブログトップ