So-net無料ブログ作成

生稲晃子 乳がん手術は5回。再生手術も保険適用になったのはホントによかった! [病気]



============

5度の手術をしていた
生稲晃子。
最近ドラマで見かけ
ないなって思ったら・・・
再生手術の保険適用
初めて知りました。

============


ひた隠しにして4年間。乳がんの早期発見から再発が2度、手術が5回。再生を含めたといっても5度の手術や放射線治療なども行って、副作用も半端なく・・・




そんな激闘を乗り越える、精神力はホント頭が下がります。



乳房を摘出した後、2年前に再建手術が保険適用されたことから、患者さんのほとんどが再建手術を選択するそうで、生稲さんもその手術を受けていたもの。




こういう保険適用は、どんどん推奨して進めてもらいたいですね。



それにしても、最近は芸能人のガン発生率がとても多くみられますが、40、50代に特に多く発生しています。



理由は、ストレス社会、運動不足、食事、特に加工食品の多量の摂取、旬のものを食べなくなって電子レンジ調理やレトルト食品の摂取などが考えられます。



糖尿病と一緒で、乳がんも自覚症状があまりないことがやっかいなところです。



生稲さんは初期の乳がんだったのですが、再発が2度、再発自体はよくあるそうですが、放射線治療の後の副作用の痛みはかなり負担だったようです。



しかし、周りには気付かれないようにして、日々何事もなかったように仕事をこなしていたそうです。



なかなか、出来ませんよね。女性は強いなって。。。 男なら弱音を吐いて心が折れてしまう状況も、生稲さんは主婦として、母として、そして役者として頑張っていたわけで・・・



公表したことで気持ちも楽になったという生稲さんは、生稲は「私の経験が多くの人の参考になれば。勇気を与える存在になりたい」と語っていたそうです。



女性の皆さま、乳がんの初期検診 受けてくださいね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

なかにし礼 がん再発で葬儀の準備までしていた! 完治し2度目の生還を果たす! [病気]


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
がん再発も放射線治療で
がんが消え、完治した!
なかにし礼 奇跡の生還
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



最近の芸能ニュース、結婚か、がん いずれかのニュースが大きく取り上げられます。




直木賞作家で作詞家「なかにし礼」さんが、今日19日放送の「徹子の部屋」奥様の中西由利子さんと共に出演し、がんの再発から完治までの話を語った。2012年に「食道がん」を発症し、完治したなかにしさん。




今年になってリンパ節にがんみつかった。がんは気管の壁に癒着していたそうで、担当医師から「早く入院して、手術を」と勧められていたそう。




さすがに、今回ばかりは、なかにしさんも死を覚悟したそうで、「葬儀委員長、世話人も決めて、お寺にも行って、焼き場も決めていた」と、葬儀の準備までしていたとのこと。




担当の医師の治療により、最初の抗がん剤治療で「がん」が4割り程度に縮小したのだという。最終的に「4回目の治療でがんが消えちゃったんですよ」と完治。




治療中は、「精神腫瘍科」の先生にも助けていただいたそう。 
奥様は、「今年はGWを迎えられれば良いというところから、それが秋を迎えられるなんて…」と完治したなかにしさんの生還を喜んでいたそうです。




しかし、最近はがんのニュースがとても多いですね。現代病というべきか、でも完治することも珍しいことではなくなってきた現代医療。将来、がんはすぐ治る病であって欲しいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

木梨憲武が「うつ」でみなさんのおかげです来春終了? 石橋貴明は継続希望! [病気]


〓=〓=〓=〓=〓
憲武がうつ?
芸道に未練なし
みなさん打切り再燃
〓=〓=〓=〓=〓



継続か打ち切りかで話題となっていた、フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』がこの秋の改編で継続が決定したばかりなのに、早くも来春打ち切り報道が・・・




一部スポーツ新聞の報道が先行した、番組終了&とんねるず解散の一報については、石橋貴明が『27時間テレビ』内できっぱりと否定。




さらに、番組自体もフジテレの宮道治朗編成部長が「僕らがブレちゃいけない」と打ち切りを完全否定し番組続投が決まったばかり。




ところが、フジ内部関係者からの話として「番組が終了するのは既定路線。製作費が莫大なことは大きな理由だが、もうひとつの要因として、憲武の「うつ」がそもそもの理由」。




初めて報じられる憲武の「うつ」報道。




お笑いを追求したい石橋貴明と、絵画の個展活動を優先したい木梨憲武との相違があるらしいと関係者談。




とんねるずとして唯一のレギュラー『みなさんのおかげでした』の継続を願う貴明に対し、憲武はやる気が全くなく、番組にも執着がないらしい。




局内では『憲武がうつだから仕方がない』とのうわさ。




特番として、各人気コーナーの全落オープン・水落オープンのや「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」のスポットでの番組制作は検討されるとのこと。




終わらせることばかりが報道され、新しいコンテンツ(番組)がなかなか生まれないフジテレビ。もっと前向きに面白いものを作ってほしいと願っているファンはまだまだたくさんいるはず。




頑張れフジテレビ。頑張ってとんねるず&みなさんのおかげでしたスタッフ!


今井翼 体調不良の原因は「メニエール病」 タッキーが助っ人に! [病気]


体調不良で検査入院しているタッキー&翼の今井翼(33)が、メニエール病と診断。


今井は先月末からたびたびめまいを起こし、立ち上がることが困難な状況に陥るなどの症状を訴え、6日から検査入院中だったが、原因がメニエールと分かり、しばし休養に。。。


快方に向かっているものの、疲労などで症状が再度悪化することも考えられるため、当面の間は治療に専念する。今井のレギュラー番組、文化放送「今井翼のto base」は今週も、相方の滝沢秀明(32)が代理で生出演の予定。仲の良いコンビならではのタッキーのピンチヒッター。


ところで、このメニエール病、調べてみると少し厄介な病気です。以下を参考に、症状の当てはまる方は、すぐに受診を。。。


難病情報センターサイトより 抜粋


1. メニエール病って?

フランスの医師、プロスパー メニエールが、それまでめまいの原因といえば脳卒中といわれていた時代に、めまいが内耳からおきることを初めて提唱しました。それにちなんで、内耳性めまいのある種のものをメニエール病といっています。


2. この病気の患者さんはどのくらいいるの?

メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳代後半から40歳代前半にピークを持つ山型です。有病率は主な個別調査では人口10 万人当たり15~18人ですが、受診圏の限定された地域では人口10万人当たり25~38人と高値を示しています。また、臨床統計システムの確立しているスウェーデンでは人口10万人当り46人との報告が・・・


3. この病気はどのような人に多いの?

今までの調査で、体格では健康な人と比べて肥満者の割合が少ない、性格は几帳面・神経質と答える割合が高い、精神的・肉体的疲労、ストレス、睡眠不足などの状態の人に起こり易い傾向があります。


4. この病気の原因はわかっているのですか

メニエール病の原因は現在のところ不明です。研究班では、その原因追及も一つの大きな目標として研究を行っています。原因は不明ですが、その病気の本体は内耳の水ぶくれ状態(内リンパ水腫)ということがわかっています。原因が分からないので不安になってしまうことも多々あるかと。


5. この病気は遺伝するの?

疫学的な調査では、この病気が遺伝するような結果はありません。しかし、遺伝を広くとらえた場合、今後の研究でメニエール病と遺伝子の関係が解明されるかも知れません。


6. この病気ではどのような症状がおきますか?

何のきっかけもなく、突然おこる激しいぐるぐる回る(回転性)めまいが特徴です。回転性のめまいは、30分位から数時間続きます。多くは、めまいに、吐き気、嘔吐、冷や汗、顔面が蒼白くなる、脈が速くなるなどの症状を伴います。また、めまいと一緒に難聴や耳の塞がった感じ、あるいは耳鳴りなどの耳の症状が現れます。これらの耳の症状はめまいと一致しておきたり悪化したりしますが、めまいの軽快とともに元に戻ります。日々辛い生活を送る事になり、早めの受診が必要です。


7. この病気にはどのような治療法がありますか?

薬による治療が主。病態(内リンパ水腫)に対しては、水ぶくれを軽くする目的で利尿剤系統の薬を多く使い。中でもイソソルビドが広く使われています。また、内耳の神経細胞や内耳神経の活動を改善する目的で、ビタミン剤や末梢血流改善剤なども使用します。症状が改善せず社会生活に支障をきたすような場合や、聴力が段々悪化して行くときには最悪「手術」も。また、薬と手術の中間的な治療法もあるようです。


8. この病気は発症後、どういう経過をたどるのですか?

メニエール病自体は「内耳」の病気なので、生命に危険をおよぼすようなことはありません。病気が完成しないうちに、早期の診断と治療を始めることによってメニエール病の進行をくい止め、または治癒させることができます。しかし、病気が完成してしまうととても厄介な事になり、めまいと難聴の悪化と軽快を繰り返しているうちに、身体の平衡の乱れや難聴が進行し「不可逆性」になってしまいます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。