So-net無料ブログ作成
検索選択

三浦弘之九段のカンニング疑惑はグレーから真っ黒に! 遠隔ソフトTeamViewer(チームビューワー)をスマホで操作し自宅パソコンに接続して次の一手を研究していた! [将棋]

koma.jpg

=============

トップ棋士の調査と周りの若手棋
士証言で、もう逃れられない

三浦弘之九段のスマホカンニング
疑惑!

わざわざNHKの単独インタビュー
に答えて、「やっていない」という
なら、堂々とすべてさらけ出して
無実を主張すればよい。

スマホアプリではなく・・・

リモートソフトで自宅PCに接続して
いた疑惑。

母親と嫁との間に確執が・・・

=============


10月20号の週刊文春で、三浦九段のスマホ
カンニングの実態が明らかに。


今年の2016年7月26日 竜王戦挑戦者決定
トーナメント準決勝、久保利明九段との一戦。


過去、何十局と指した三浦九段の様子がおか
しかったと久保九段が証言。


「明らかに、離席の回数が多かった」こと。


そして、対局後 将棋ソフトに精通した知人を
通して、離籍後の指し手とコンピューターの指し
手を検証。


すると、ソフトと三浦九段の手が驚くほど一致し
たというもの。


で、久保九段は、9月26日の定例の棋士会で
電子機器の持ち込み禁止などを提案した。


12月14日から電子機器の持ち込み禁止と、対
局中の外出禁止などが合意された。


この棋士会で、なんと三浦九段が発言している。


「持ち込み禁止は賛成です。」


「でも私はやっていません」


ん? わざわざ 自らなぜそんな発言をする?


ちょっと理解に苦しむ。。。


更に、10月3日のA級順位戦で、渡辺竜王と対戦。


この順位戦は、リアルタイムでインターネット中継
されており、一部の棋士がソフトを使って検証して
いた。


三浦九段の次の一手は、ソフトと一致したという。


で、敗れた渡辺竜王が他の棋士からの指摘を受
けて自宅でソフトを使用し検証したところあきらか
におかしいと・・・


感想戦で話した読み筋とソフトの読み筋とが一致
し、ソフトとの指し手の一致率が90%を超えていた。


証拠はないが、指し手と離籍、その後の検証で確
実に「クロ」と判断した。


そこから、ずいぶんと渡辺竜王も悩むことに・・・


なぜなら三浦九段との竜王戦は一週間後。


渡辺竜王曰く「竜王戦七番勝負が始まってから疑
惑が公になれば、シリーズが中断される可能性が
高いと考えました。」


「さらに、タイトル戦を開催する各新聞社が不正を
理由にスポンサー料を減額やタイトル戦そのもの
を中止させる可能性も考えた・・・」


連盟自体の存続も危ぶまれる一大スキャンダルに
発展し、疑惑を知りながら対局をしていたとの追及
を渡辺竜王自身が受けることも想定されるので、


内部告発をした、という流れ。。。


渡辺竜王は、10月7日に島九段(連盟理事)に電話
し「至急、羽生三冠と佐藤九段(棋士会会長)に会
いたい」と嘆願。


10月10日の夜に、島九段の自宅に

 渡辺明竜王
 佐藤天彦名人
 羽生善治三冠
 佐藤康光九段 棋士会会長
 千田翔太五段 プロの中でソフトに精通している
 谷川浩司九段 将棋連盟会長
 島朗(あきら)九段 将棋連盟常勤理事

極秘に集まった7人による話し合いが行われた。


その席で、渡辺竜王から三浦九段戦の説明、さらに
久保利明九段との一戦、そして三浦九段が丸山忠
久九段と戦った竜王戦挑戦者決定戦3番勝負の第2
局と第3局が、カンニングの証拠として示された。


途中、久保九段が電話で参加し、検討を重ねるうち
に、これは・・・・ という結論に。


三浦九段の呼び出し聴取することになったが、その
前に重要証言が・・・


三枚堂達也四段が、三浦九段からスマホからPCに
遠隔操作が出来るアプリを教えてほしいと問い合わ
せがあって、実際に チームビューワー という
アプリを紹介したとの新事実。


その日の午後に、渡辺竜王、千田五段立会いのもと
三浦九段が連盟の聴取に応じたが、離籍したのは
疲れていたので守衛出で横になって休んでいたとの
回答。


連盟在住の守衛3名の名前を出し、性格がどうこうと
全く関係のない話をしたり、ソフト「技巧」を妻がダウ
ンロードした? と奇妙な発言が多くシドロモドロだ
ったという。


そして、一時間後に、自ら休場を申し出たといういき
さつだった。


羽生三冠王も、グレーに近いクロ と発言したもの
の、白の証拠も黒の証拠もない段階では、疑わしき
は罰せずという見解を妻のツイッターで発信する事
態に。


証拠がないのに、出場停止処分はいかがなものか
と将棋連盟に対する非難の声も多い。


しかし、このような疑惑をもたれること自体が問題な
のであって、三浦九段はやましいところがなければ
堂々と説明をして、自ら休場などということを出だす
必要がないわけで、どうどうと竜王戦に出場すれば
よいだけのこと。


本人が、しっかり説明できず、自ら疑念をもたれたま
までは対局できないので休場させてほしいと言って
いたのに、休場届も出さず、少したってNHKの単独
インタビューを受ける形で、私はやっていませんと語
ったことも、どうも腑に落ちない。


クロの証拠もないが、白と断定できない状況証拠が
のこっている以上、私の意見は永久追放でよいので
はないか?


証拠がうんうんではなく、将棋界に多大な迷惑をかけ
たこと、疑いをもたれること自体が処罰の対象になる
と思う。


本人は、きっと認めないだろう。


なぜ、あれだけ研究熱心な男がこのようなことに走っ
たのか?


同居していた母親の死(昨年九月)との間で確執があ
ったといわれる嫁との人間関係、そしてカンニング疑惑
へとつながっている。




【関連記事】


 【将棋界一大スキャンダル】三浦弘行九段、竜王戦に出場せず。対局中のスマホ不正問題? 火の無いところに煙は立たず! 


 2015年将棋竜王戦第一極 封じ手の儀式を2年連続で間違えた糸谷哲郎竜王 何かと物議を醸す糸谷竜王まだまだ若い! 


 コンピューター将棋「目的達成」で終了もプロ棋士の対戦はまだ続く! 





スポンサーリンク


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました