So-net無料ブログ作成
検索選択

都議会川井重勇議長の小池百合子都知事への手のひら返し 自民党都議団の変節? これが政治か・・・ [政治]


~~~~~~~~~~~~~~

来年の都議選対策が始まった!

今議会の法案をほぼ通したこと

で、小池都知事寄りの対応。

主義主張ではなく、選挙に当選

するためには、手のひらも返す!

~~~~~~~~~~~~~~



東京都議会定例会は昨日の10/13、待機児童
解消に向けた総額126億円の補正予算案、
小池都知事の肝いりの知事給与を半減の条例
案など、都が提出した30議案を可決し、閉会。


全面対決が予想された、小池百合子知事と都
議会自民党とのバトルはなく、「オール与党化」
になった・・・


豊洲市場の地下空間問題が発端となり、都議会
も知らされていなかったことが対立しない方向へ
進んだ。。。


最終日の採決前の意見表明で、自民党都議団は
「知事提案のすべての議案に賛成」との立場を表
明し、「知事と協力すべきは協力し、切磋琢磨して
いく」と語った。


さて、目を疑うほど豹変したシーンはその都議会
閉会後。


小池都知事が議会閉会後のあいさつに正副議長
のところへ。。。


知事就任後のあいさつで、写真撮影を拒否した時
の川井重勇議長とは一転。


笑顔でがっちり握手し、その後にっこり記念撮影!


ここまで、、、180度態度が変わるか?


さらに、都議団自民党へのあいさつでは就任時は
たった二人だったのが、今回は幹事長以下20数名
に増えていた。


高島幹事長からは、本人のネコの写真をプレゼント
され、代表質問で猫を可愛がっている話からの演出。


これが政治の世界なのだと(^^


もっとも、腹の中はどうなっているか???


豊洲問題では、中央市場長を更迭しさらに幹部を
10名ほど移動させる人事を決めた小池都知事。


豊洲問題の落としどころ、さらにはオリンピックの
3会場の建設見直し問題、来年の都議選に向け
た小池新党設立など、まだまだ目が離せない。


これだけ毎日メディアに露出しているのは安倍総
理や菅官房長官以上。。。


女性宰相を目指すには、ロケットスタートを切った。





スポンサーリンク


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました