So-net無料ブログ作成

【将棋界一大スキャンダル】三浦弘行九段、竜王戦に出場せず。対局中のスマホ不正問題? 火の無いところに煙は立たず! [将棋]

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

疑われること自体が問題なのだ!

三浦弘之九段のスマホ不正対局
問題。

やましい事がなければ、堂々と

竜王戦に出て対局すればよい。

休場すると言い出したのは三浦
八段。

連盟を批判するのは筋違い。

万一、あとで不正が発覚したら

将棋界がなくなってしまう!

三浦よ、なぜ出場しない?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


将棋界の一大スキャンダルに発展。。。

今年は何かと話題な将棋界にあって

最大級のスキャンダルが発生!!!


三浦弘之九段が、対局中にスマホを
使ってコンピューター将棋を利用(又は
指し手候補の閲覧)をしたのではと
言う疑惑。


今週開幕の将棋界最大のタイトル戦
「竜王戦」の挑戦者に決まっていた
三浦八段。。。


この竜王戦は、その年一番強いやつが
挑戦者になるシステム。


これに対して、一年間安定して強かった
人が挑戦するのが「名人戦」。


竜王戦は、トーナメントで勝ち上がる仕組
みで、その年の勝率が高い棋士、つまり
絶好調の棋士が挑戦者に勝ち上がってく
る。



で、三浦九段の今期の成績は・・・


21局対戦し 10勝11敗 勝率4割7分6厘。


今期の勝率、対局数、勝ち数 どれひと
つとってもトップ20にすら入っていない。


竜王戦挑戦者決定戦3番勝負では、初戦
に負けたがその後2、番勝って挑戦者に。


正直、この結果に ん???三浦が??
って思った。。。


もっとも、実力はある。粘りの将棋で独特の
差し回しで名人に挑戦できるA級10名の中
に通算15期も在籍している。 


生涯成績も

565勝394敗 勝率5891

とまずまず。。。タイトル挑戦3回や棋戦優勝
3回。


唯一のタイトルは、ずいぶん昔に当時の

羽生善治7冠王 から棋聖を奪取した1回。

当時は大ニュースになりましたが・・・


その三浦九段が、日本将棋連盟から出場停止
処分に。年内いっぱいというもの。


事の発端は、この竜王戦の決勝トーナメントの
準決勝、久保利明九段との一戦で、終盤にな
って席を離れるケースが多く、指し手もプロ棋士
が指さないような手を連発し、スマホを使って
局面を研究していたのではという疑惑。


さらに、今月のA級順位戦、渡辺竜王戦でも
似たような疑惑がもたれていた。


この2局、負ければなんてことなかったのだが
三浦九段が勝ってしまったから、ややこやしく
なった。。。


根っからのまじめな棋士として、独身時代も
群馬の自宅から将棋連盟に通って対局する
姿に熱烈なファンも多い。


しかも、コンピューター将棋とプロ棋士の5番
勝負では大将を務め、負けてしまったことも
あったが・・・


三浦九段は、先だって17歳年下の女性と結婚
したとの報道があり、母親と2人暮らしだった彼
に家庭が出来て安心したファンも多かった。


今回の将棋連盟の対応には、拙速だ、厳しすぎ
るなどの批判の声も上がっている。


しかし、そもそも、このような疑いをもたれること
事態、本人にも問題がある。


さらに、やましいことがなければ、きっぱりと言っ
て堂々と、竜王戦に出場すればよい。


連盟から疑惑をもたれては、対局出来ないとい
う本人の発言が本当だとしたら、「クロ」と思われ
ても仕方がない。


不正がないことを証明するならば、堂々と戦えば
よいだけの事。


対久保戦、対渡辺戦においては、かなり疑わしい
対局記録となっている。


万一、万が一 あとになって不正があったことが
発覚し、仮に竜王になっていたらどうなるか?


将棋界から、スポンサーはいなくなって、文化その
もの消え去ってしまう事態に。


佐藤天彦新名人誕生と、羽生善治3冠がタイトル
獲得数を伸ばす中、そして14歳の藤井聡太棋士
が誕生など、なにかと話題が多かった将棋界に
あって


このような ブラックな 話はいりません。


弁護士がどうこう、濡れ衣が とかいう前に、
どうどうと 私は不正はやっていません
タイトル戦で戦います と 言えばよかっただけ。


連盟が言わせなかったという話もあるが、
竜王戦を主催する読売新聞にとっては、
グレーのまま対局させるわけにはいかない
のは当然であり、連盟の対応はむしろ遅す
ぎた感もあるが、タイトル戦の挑戦者変更
という前代未聞のスキャンダル。


丸山忠久九段もコメントで、

「日本将棋連盟の決定には個人的には
賛成しかねますが、竜王戦は将棋の
最高棋戦ですので全力を尽くします。」

と苦渋のコメント。


このように、スポンサーや対局者にも迷惑を
かけてしまう行為自体、対応が遅れた将棋
連盟も、疑惑をもたれた三浦九段も深く反省
していただきたい。


三浦九段を擁護する意見も多いが、


火の無いところに煙は立たず・・・


棋士として尊敬する三浦八段 


潔白は自ら証明するしかない!!!




【関連記事】


 三浦弘之九段のカンニング疑惑はグレーから真っ黒に! 遠隔ソフトTeamViewer(チームビューワー)をスマホで操作し自宅パソコンに接続して次の一手を研究していた!


 2015年将棋竜王戦第一極 封じ手の儀式を2年連続で間違えた糸谷哲郎竜王 何かと物議を醸す糸谷竜王まだまだ若い! 


 コンピューター将棋「目的達成」で終了もプロ棋士の対戦はまだ続く! 




スポンサーリンク


スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 2

ひろちゃん

三浦九段は、自分が犯した犯行をまるで犯してなかったかのように
言い張って逃げようと必死になっています。
男らしく、やったことをすべて認めて、許しを乞い、九段から四段に
下げてもらい、順位戦もC級2組の最後尾にランキングしてもらい、
B級2組を目指して頑張ってほしいと思います。
私も応援しますので。
まず最初に、渡辺竜王に土下座して、許しを乞いましょう!

by ひろちゃん (2016-11-10 18:59) 

たかはし

同じ三浦九段を尊敬するものとして、本日時点でこのブログが訂正されていないことに疑問を感じました。

お忙しい中かと思いますが、三浦九段の名誉回復と1日も早い本当の復活のため、訂正または現時点のご意見をアップ頂ければと思います。

よろしくお願い致します。


火のないところに煙はたたない、とはまさにその通りだと思いますが、今回の件は煙自体が捏造されたものでしたので、ただただ渦中の三浦九段や谷川元会長、佐藤新会長、羽生三段、皆様が不憫です。。。


1)久保九段の記憶違い
不正を疑うきっかけとなった31分の離席自体が存在しなかったことが映像から確認された。

2)千田六段,渡辺明九段が主張した不正の根拠とされる一致率の問題

ソフト「技巧」と三浦九段の指し手の一致率が90%を超えていたことが不正の根拠とされたが、「技巧」はランダムに指し手を変化させるため、三浦九段の指し手との一致率は、複数回検証を重ねると10%以上のばらつきがあった。

また、他のトップ棋士を含めた350局の一致率検証によれば、三浦九段の一致率が特に高いということは認められなかった。(三浦九段より一致率の高い棋士もいた)

このことから、「技巧」との一致率を不正の根拠として扱うことは、適切ではないと考えるのが妥当だと思われます。

by たかはし (2017-02-14 14:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。